糖尿病対策などをまとめています。

糖尿病に負けないブログ

糖尿病とは

糖尿病とは?

投稿日:

糖尿病は、糖の代謝が悪くなって、血糖値がズギューン!と高くなる病気です。

糖=エネルギー源

糖だから、砂糖のことでしょ?って思ってしまいますが、糖は砂糖以外にも果物、米、じゃがいもなどの炭水化物に含まれています。



ブドウ糖として筋肉を動かすエネルギーに

余った分=グリコーゲンとして肝臓に貯まる

さらに余ると脂肪として貯まる

最初は糖だったのに、体の中で別の物質に置き換わっていくことを糖代謝と言います。

糖代謝が悪くなってしまうとっ!?

この糖代謝をうまくおこなうのに必要なのがインスリンというホルモン。

通常なら、ブドウ糖が余ると、グリコーゲンなり、脂肪なりに代謝されて、血液の中のブドウ糖は一定量になります。

ところがっ! インスリンの量が減ると、血液中がブドウ糖でまみれてしまうんですね。

そうすると何が困るんでしょう?

実は、ブドウ糖はトゲ付きの鉄球のようなヤツで、血液中のブドウ糖が多いと血管やら内臓やらを傷つけ、いろんな合併症を起こします。

糖尿病は、血液中がブドウ糖まみれになって…からの、合併症が怖いんですね。

血糖値を下げてくれるインスリン

インスリンは、ブドウ糖をグリコーゲンやら脂肪に代謝するときに使われるホルモン。脾臓(ひぞう)という内臓で作られています。

食事をすると、血液内のブドウ糖(=血糖値)がズドォオオン!と上がるはずが、インスリンのおかげで血糖値がゆるやか~にあがるんですね。

インスリンがうまく分泌されないと、血糖値が高いまんまになって、血液や内臓がダメージを受けてしまうんです。

インスリンが…出ないっ!?

インスリンがうまく出ないと、ブドウ糖はエネルギーとしてうまく使われなくなります。

体としては「ブドウ糖来てないよ?何してんの!」って勘違いしちゃうんですね。

そして、肝臓に貯蔵してあるグリコーゲンをブドウ糖に変えて、さらに血糖値が高くなります。

グリコーゲンを使い切ると、今度は脂肪が使われます。

糖尿病が進むと、痩せてくることがありますが、それはこーゆーからくりみたいですね。

血糖値が高いままになると、インスリンを分泌する仕組みもダメージを受け、さらに血糖値が高くなります。

インスリンが出ないだけで、大惨事というわけですね。

そして糖尿病へ

血糖値があがると、インスリンが出なくなって、さらに血糖値があがって、血管、内臓にダメージが出て、恐ろしい合併症に発展するんですね。

なんという負のスパイラル。

対策としては、やはり入ってくる糖を制限する…糖質制限などの食事療法が有効なのかなぁ。

-糖尿病とは
-, ,

Copyright© 糖尿病に負けないブログ , 2019 AllRights Reserved.