糖尿病対策などをまとめています。

糖尿病に負けないブログ

糖尿病とは

糖尿病とは?

投稿日:

一言で言うと、血糖値が高いままになる病気です。

糖尿病自体は、おしっこに糖分が混じる、血液内に糖分が蔓延するというです。だけど、その糖分がクセモノ。
糖分は、血管やら細胞を攻撃してくるんですね。トゲトゲの鉄球のようなものが、体内をつつきまわすようなものです。

その糖分が、白内障、心筋梗塞、脳梗塞、顔面麻痺などなど、恐ろしい合併症を引き起こします。コレが怖いんですね。

糖尿病は、糖の代謝の悪化が原因

糖の代謝とは、食べた炭水化物から糖を取り出して全身に送ること。

糖の代謝には、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが必要。

インスリンの働きが悪くなったり、インスリンの量が減る

糖代謝がうまくいかなくなり、血液中にブドウ糖が増える

血液中のブドウ糖濃度が常に高い状態になる

これが糖尿病

血液中のブドウ糖を血糖と言い、濃度を血糖値と呼びます。

血液中に糖分があふれているのにエネルギーに変換できない状態で、糖分だけがどんどん血液に溶け出してくるんですね。

栄養摂りまくりなのに、血糖値だけガンガンあがって、食べても食べてもやせてくる。糖尿病というのは、糖分が吸収できなくなる病気、とも言えるかも知れません。

糖の代謝とは?

糖の代謝というのは、どういうものなんでしょうか?

砂糖、果物、米、じゃがいもなどの炭水化物を食べる

胃や腸で分解されてブドウ糖になる

血液中に吸収されて、肝臓に送られる

肝臓にブドウ糖の一部がグリコーゲンに作り替えられ貯蔵

残りのブドウ糖は全身に運ばれる

ブドウ糖は筋肉に届けられる

余ったブドウ糖は脂肪として貯蔵される

つまり…甘いケーキを食いまくったら、元気になるけど、太る!このアタリマエのことが起こらないのが糖尿病なんですね。

甘いもの食べても太らない、という症状だけなら良かったのに。

もし、食べても食べても太れないというあなたは、一度血糖値を調べてみたほうが良いのかも知れません。

-糖尿病とは
-

Copyright© 糖尿病に負けないブログ , 2019 AllRights Reserved.